古事記と五行は繋がっていた

【五行と古事記】

五行と古事記が繋がっていた

古事記の物語を、書いているまま読むのではなく、その奥に秘められたメッセージを読み解く事で、私たちの暮らしを豊かにすることができます。

その時に、何を中心に置いて考えるのか?

それは、真理です。

なぜなら私たちは自然のことを神と言ったからです。

つまり、自然の中にあるのが【真理】

この真理を読み解くことこそ、私達の生きる筋道を照らしてくれるのです。

昔の人たちはこの自然の中から様々な学問を作り出しました。

星を見て作った学問が【天文学】

その天文学を使って出来たのが【暦】

この暦は米を作るために用いられました。

そして、人類は森羅万象を5つに分けることに成功しました。

それが木火土金水である五行

この世はこの5つで成り立っている。

だから、太陽系は大きく水性・金星・火星・木星・土星と分けられたのです。

これを五行と言います。

この五行と古事記を掛け合わせると実に面白い事が分かります。

最初に現れた神様、天御中主

天の中心の主と書きます。

つまり、天御中主は中心にある【土】に位置します。

そして、命が芽吹く春である【木】イザナキイザナミを置きます。

2人は愛によって国生み、神生みを行いました。

だから、この木の五徳に【仁】があるのです。

とはのことです。

イザナキとイザナミは数々の神を生みます。

そして、最後に炎の神様、ホノカグヅチを生んだとき、火傷してイザナキは亡くなってしまいます。

物語は【火】に移動

ここでは、何を表しているのか?

神様は最後に火の神を生みました。

人類が最後に扱う様になったのが【火】です。

また、人類以外、火を扱える生物はいません。

また、古事記ではこの火の扱いだけは気をつけなさい。

神様でさえ扱えないのだから。

こんな掲示がされているのです。

だから、神社では色んなところに水の神紋様を施されています。

これがこのハートのマークです。

ハードにマークは猪の目

このマークを見ると『縁結びだ!』と喜ぶ人もいますが、実は縁結びではありません。

これは猪の目。

猪目と言います。

この猪。

火事になった時に一番最初に気づく動物。

だから、いの一番と言うのです。

さらに、この猪

十二支にもはいます。

この亥は五行で言うとの領域にいます。

つまり、火を消すのは亥ということになるのです。

亡くなったイザナミは【土】に還り、鬼門である黄泉の国に行きます。

   

イザナミが亡くなると怒ったイザナキは剣でホノカグヅチを斬り捨てます。

物語は【金】に移動

ホノカグヅチを切った剣の血が岩について生まれたのが、タケミカヅチです。

高天原最強の武神、義の神です。

を意味します。

そして、イザナキは黄泉の国までイザナミを迎えに行きます。

しかし、そこでイザナミと喧嘩をして2人は別れてしまいます。

別れたイザナキは黄泉の国から逃げ出して、を行います。

物語は【水】に移動

この時に最も尊い神様、アマテラス、ツクヨミ、スサノオが誕生するのです。

さらに物語は【木】に移動して、アマテラススサノオ誓約

さらに太陽の神は天岩戸に篭り、へと移行するのです。

この様に物語は循環している

この様に、古事記と五行を組み合わせる事で、この世の森羅万象はこの五行で成り立っていることを改めて確認する事ができます。

これが偶然なのか?

それとも、これこそが真理なのか?

探求すると面白いですね。

このことから分かるように世界の神話がなぜ繋がっているのか?それは真理に従えば必ず同じところに行き着くからです。

この話は開運暦上級講座で詳しく話している内容ですので文章でどこまで伝わるかわかりませんが、古事記をよく知っている人ならこの内容の凄さに驚くはずです。

全国各地で講話・講座を開催しております。