人は変わる必要はない

自分の悪いところを見つけて、無理やり変えようとしている人がいる。

そんな事はする必要はない。

何故そう考えるのか?

自分が悪いと思っているからである。

そもそも、悪人などこの世にはいない。

善も悪も1人の中に存在する。

つまり、悪人だと言えば悪人だし善人だと言えば善人。

それは誰が決めているのか?

全て自分が決めている。

『あなたは頑固ですね』と言われて頭にくる人がいる。

なぜなら、自分は頑固だと思っているからである。

しかし、意思が硬いと思っている人は頑固だと言われても『それは意思が硬いんだよ』と言える。

もっと言おう。

自分で意思が硬いと思っている人は、やっぱり人から見ても意思が硬い人に見える。

つまり、あなたの意思が相手に伝わるのである。

柔軟性がある人は優柔不断だし、賑やかな人はうるさい。

従って、あなたを変えなくても、あなたが長所を選択するか、短所を選択する事によって、人生は変わるのである。

若い頃は苦手なことにトライして、協調性を身につけた方が歳をとってから苦労をしない。

しかし、ある程度年齢を重ねると、苦手な事は誰かに任せ、得意なことをやった方が協調性が生まれ上手く行く。

これを若い頃のように、何でもかんでも自分でやろうとするから、周りが活かされず、今度はあなたが迷うことになる。

この時の迷いの大きな問題は【私は正しい、私の方が出来る】である。

私達の神様を見ればよく分かる。

日本の神様は全知全能ではない。

互いが足りないところを補っている。

あの天照でさえ、風を起こす事は出来ない。

雷を落とすことも出来ない。

それは風神と雷神の役目。

また、天照が風を吹かす必要も雷を落とす必要もない。

これが私達の神であり、この神のような生き方が私達日本人である。