素戔男尊スサノオノミコト

【分かりやすく動画で解説】

【人一倍家族思いの心優しい神】

スサノオはイザナキの子で、アマテラス、そしてツクヨミと共に「三貴子」と呼ばれている。
この三貴子の中でも、一番聞き分けのない神様がスサノオだった。
父イザナキは、スサノオに海原を任せるが全く言うことを聞かない。
それどころか、死んだ母親に『会いたい会いたい』と泣き叫いてばかり。
それが幼い頃ならまだしも、あごヒゲが胸元に届くほどに年月が経っても、相変わらずの号泣ぶり。
呆れ果てた父は、育て方を間違えたと後悔し、母のもとへ去るよう言い放った。
我が子を追放した父イザナキは、そのまま隠居してしまう。
スサノオは母のもとへ行く前に、姉のアマテラスへ挨拶しようと、高天原(天界)へ行く。
その時に、高天原の神々を困らせる事件を起こしてしまい、今度は葦原中国(地上)へ追放されてしまう。
高天原から追い出されたスサノオは、大蛇に命を狙われ、怯えている親子と遭遇する。
この親子の話を聞いたスサノオは、「では、俺がその大蛇を退治してやろう」と役目を買って出た。
その大蛇は頭が八つある「ヤマタノオロチ」だった。
スサノオは見事に大蛇を退治して、一躍英雄となる。
退治した大蛇の尻尾から三種の神器である「草薙の剣(くさなぎのつるぎ)」を手に入れた。
そして、大蛇の犠牲にされようとした娘クシナダヒメを助けて結婚した。
彼は、彼女をとても大切に愛した。
スサノオは、一見、力持ちで傍若無人で大業を成せるように見えるのだが、実は心優しく家族を大切にする神様だった。
しかし、愛してやまない妻は先に死んでしまう。
スサノオは悲しみのあまり、娘を連れ、支配していた国をあっさりと捨て去ってしまった。
その分、スサノオは娘に一心の愛を注いだ。彼は国を支配することよりも、家族を大切にすることを優先したのである。
それ故に、我が娘に心を寄せるオオクニヌシに様々な試練を与えたのだ。
そうして、この試練を耐え抜いたオオクニヌシを婿と認め、国づくりの命を与え、娘を残し去って行った。
大切な娘のことを想い、任せられる男であるかどうかを試したのである。
少しやんちゃだが、憎めない心優しい神様である。
力持ちだが淋しがり。みなさんの周りにもそんな人がいるだろう。それがスサノオである。
母を慕い、妻を愛し、娘を想う。
スサノオの家族を想う気持ちは、最後の最後まで一貫していた。
多くの人が使命と家族への想いの中で、もがき苦しみ、本来の生き様とは異なる選択をしがちである。
他人からなんと言われようと、我が想いを貫く。それもひとつの勇気かもしれない。

【和魂】家族愛『家族に愛を向ける時です』

それは子供達や家族が関係しています。
特別な人に恵まれ、その愛を一身に注ぐことが出来ます。
その一途な愛が力となり、様々な困難を乗り越える事が出来ます。
但し、あなたに愛があるように、他の人にも愛があります。
独りよがりにならないように気を付けましょう。

【荒魂】冷静な感情『優しさを取り戻そう』

感情に流されて好き嫌いで判断したり、冷静さを見失い他人に対して冷酷になったり、感情をそのままぶつけていませんか?一度冷静に呼吸を整えてみてください。また、人に試練を与えようとしていませんか?今はその時期ではありません。本来の優しさを取り戻して周りと接してみてください。

【神格】

豊穣神、防災除疫の神、歌人の神、冥府の神、荒ぶる神の祖

【御利益】

水難、火難、病難除去、五穀豊穣

【別称】

素戔嗚尊(すさのおのみこと)、健速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)、牛頭天王(ごずてんのう)、祇園様(ぎおんさま)、天王様(てんのうさま)

【系譜】

イザナキの子、子はウマノミタマ、イソタケル、オオトシなど

【祀られている神社】

・八坂神社(京都東山区祇園町)
・氷川神社(埼玉県大宮市高鼻町)
・津島神社(愛知県津島市神明町)
・熊野本宮大社(和歌山県東牟婁郡本宮町)
・日御崎神社(島根県簸川郡大社町日御崎)
・須佐神社(島根県簸川郡佐田町宮内)

図解で分かる古事記・目次