15. 葦原中国あしはらなかつくにの平定と建御雷神たけみかづちのをのかみ

大国主神おおくにぬしのかみ少名毘古那神すくなびこなのかみ大物主神おおものぬしのかみと共に国作りをしたが、その様子を高天ケ原たかまがはらから見ていた天照大御神あまてらすおおみかみは「あの美しい国は私の御子神天忍穂耳命あめのおしほみみのみことが治める地である」と言ってこの神を使者として遣わす。
しかし、天忍穂耳命あめのおしほみみのみことあま浮橋うきはしに立ち葦原中国あしはらなかつくにを覗くと、国津神達が騒いでいる様子が見えたので高天ケ原たかまがはらに帰ってしまう。
そこで、高天ケ原たかまがはらの神々は天安河原あまのやすかわらに集まって思金神おもいかねのかみを中心に策を考える。その会議の結果、葦原中国あしはらなかつくにに遣わす次の使者は天菩比神あまのほひのかみとなった。だがこの神は三年経っても帰って来ず、逆に大国主神おおくにぬしのかみに媚び従ってしまった。
次に天若日子あまのわかひこが弓矢を渡されて派遣されたが、この神はなんと大国主神おおくにぬしのかみの娘である下照比売したてるひめと結婚し、葦原中国あしはらなかつくにをわが物にしようとする。
そこで、高天ケ原たかまがはらの神々は次に雉の鳴女なきめ天若日子あまのわかひこの元に派遣して、本来の使命を忘れていないか問い正す。しかし鳴女なきめの言葉も天若日子あまのわかひこの耳には届かず、天津神から授かった弓矢で鳴女なきめを射殺してしまった。

その矢は、鳴女なきめの胸を貫いて高天ケ原たかまがはらの神々の元まで届いた。
飛んできた矢を手にした高御産巣日神たかみむすびのかみは矢の羽に血が付いているのを見ると「この矢は天若日子あまのわかひこに授けたもの。もし天若日子あまのわかひこが悪を射た矢であるなら、彼に命中するな。逆に謀反を企てたよこしまな心をもって射た矢なら、天若日子あまのわかひこに当たれ」と言って、その矢を投げ返した。すると天若日子あまのわかひこはその矢を胸に受けて死んでしまった。
天若日子あまのわかひこの葬儀に阿遅志貴高日子根神あぢしきたかひこねのかみが弔いに来たが、その姿が天若日子あまのわかひこと瓜二つだったので生き返ったと間違われる。間違われて怒った阿遅志貴高日子根神あぢしきたかひこねのかみは、剣を抜いて喪屋もやを切り倒し、蹴飛ばしてしまう。
この喪屋もや美濃国みののくに(岐阜県)に飛んで落ちて喪山もやまになったと言われる。

これまで葦原中国あしはらなかつくにに遣わした神々は失敗に終わり、天照大御神あまてらすおおみかみは「次の使者はどの神がいいだろうか」と言って高天ケ原たかまがはらの神々と相談する。そこで思金神おもいかねのかみは「天安河原あまのやすかわらの河上にいる伊都之尾羽張神いつのおはばりのかみかもしくはその御子の建御雷神たけみかづちのかみを遣わすのがいいでしょう」と進言し、天迦久神あまのかくのかみ天安河原あまのやすかわらの河上にいる親子の元に派遣した。
天迦久神あまのかくのかみ伊都之尾羽張神いつのおはばりのかみに尋ねたところ「恐れ多い事ですが、謹んでお仕えします。ただ葦原中国あしはらなかつくにに遣わすのは、我が子の方が適任です」と言って直ちに建御雷神たけみかづちのかみを使者として任命した。

図解で分かる古事記・目次