8. 天照大御神あまてらすおおみかみ須佐之男命すさのおのみこと誓約うけい

禊祓みそぎばらえを終え三貴子を含め数多くの神々を生み成した伊耶那岐命いざなきのみことだが、海の統治を命じたはずの須佐之男命すさのおのみことがわがままを尽くし、命令に従わず悩まされる。
伊耶那岐命いざなきのみこと須佐之男命すさのおのみことに「どうしてわがままを言って命令に従わないのか」と問いただすと須佐之男命すさのおのみことは「私は亡き母に会いたい」と言い泣き出す始末。
その泣き声で山が枯れ、川や海の水は干上がり、地上にはあらゆる災いが起こった。
伊耶那岐命いざなきのみことはこれを見て怒り、失望して須佐之男命すさのおのみことを国から追放してしまう。
この後、伊耶那岐命いざなきのみことは神の仕事を終えて、近江(滋賀県)の多賀神社に鎮座することになる。伊耶那岐命いざなきのみことにとっても須佐之男命すさのおのみことを追放することは命がけであり、大変心を痛める出来事でもあった。
そこで須佐之男命すさのおのみことは「それでは姉君である天照大御神あまてらすおおみかみに事情を申し上げ、黄泉よみの国に行こう」と言い、高天ケ原たかまがはらに行くことにした。

天照大御神あまてらすおおみかみ須佐之男命すさのおのみこと高天ケ原たかまがはらを奪いに来たのではないかと警戒して武装する。
しかし、須佐之男命すさのおのみことは自分にはやましい心など持っていないと告げる。
天照大御神あまてらすおおみかみは「ならば貴方の心が清らかである証拠は何だ」と尋ねると
「では、誓いを立てて子供を産みましょう」と須佐之男命すさのおのみことは提案した。
まず天照大御神あまてらすおおみかみ須佐之男命すさのおのみことの剣を噛み砕いて霧の様な息を吹くと三柱の姉妹が生まれた。この姉妹神が宗像三女神むなかたさんじょしんである。
次に須佐之男命すさのおのみこと天照大御神あまてらすおおみかみの玉飾りを噛み砕いて息を吹きかけると、息の霧から五柱の男神が生まれた。
須佐之男命すさのおのみことは「俺の心が清らかだから俺の持ち物から女神が生まれた、これで俺の疑いは晴れた」と喜んだ。この時、二神が行った誓いの事を誓約うけいと呼ぶ。
誓約うけいにて身の潔白が証明されたと勝ち誇った須佐之男命すさのおのみこと高天ケ原たかまがはら畦道あぜみちを壊し、溝を埋めたり、採れたての米を祀っている神殿に糞を撒き散らしたり暴挙を尽くした。それでも天照大御神あまてらすおおみかみは「弟は田んぼを広げようとやっているのでしょう」と庇い続けたが、遂に須佐之男命すさのおのみことは、機織り小屋に馬を投げ込み、その馬に驚いた機織り娘が死んでしまう事件を起こす。
流石の天照大御神あまてらすおおみかみも庇いきれず、ショックのあまり天岩戸あまのいわとに引き篭ってしまう。

図解で分かる古事記・目次