13. 大国主神おおくにぬしのかみの根の国訪問

やっと八十神やそがみ達から逃れた大国主神おおくにぬしのかみが根の堅州国かたすくにに辿り着くと、須佐之男尊すさのおのみことの娘である須勢理毘売すせりびめが出迎えた。初めての出会いであった二神だったが、すぐに心を通い合わせ婚姻を言い交す。そこで須勢理毘売すせりびめが父神の須佐之男尊すさのおのみことの元へ連れて行き「立派な神様が来ておられます」と言った。
そこで大国主神おおくにぬしのかみを一目見た須佐之男尊すさのおのみことは数々の試練を大国主神おおくにぬしのかみに課すことにした。
まず須佐之男尊すさのおのみことは、大国主神おおくにぬしのかみを無数の蛇の這い回る室屋むろやに寝かせた。須勢理毘売すせりびめが蛇を祓う領巾ひれ大国主神おおくにぬしのかみに渡し「この領巾ひれを三度振って蛇を追い払いなさい」と言った。大国主神おおくにぬしのかみがこの言葉通りにすると蛇はあっさり退散してしまう。
次の日の夜大国主神おおくにぬしのかみは、ムカデと蜂のいる室屋むろやに入れられた。今度も須勢理毘売すせりびめがムカデと蜂を祓う領巾ひれ大国主神おおくにぬしのかみに渡して難を逃れる。
さらに須佐之男尊すさのおのみことは、大国主神おおくにぬしのかみ鳴鏑なりかぶら(矢の先端のかぶらに穴を空け、放つと音が出る矢)を野原に放ち、その鳴鏑なりかぶらを取ってくるように命じた。そこへ須佐之男尊すさのおのみことは火を放ち大国主神おおくにぬしのかみは逃げ場を失ってしまう。
その時どこからか鼠が現れて大国主神おおくにぬしのかみの窮地を救う。その鼠が教えてくれた洞穴に入り隠れていると、野を焼いていた炎は洞穴の上を通り過ぎて難を逃れた。さらに鼠は須佐之男尊すさのおのみこと鳴鏑なりかぶらくわえて大国主神おおくにぬしのかみの元に渡した。

こうして命がけの三つ目の試練を乗り越えた大国主神おおくにぬしのかみだったが、須佐之男尊すさのおのみことの試練はまだ終わらなかった。自らの頭のしらみを取るように大国主神おおくにぬしのかみに命じたが、須佐之男尊すさのおのみことの頭を覗くとムカデが巣くっていた。ここでも須勢理毘売すせりびめが機転を利かせ助ける。
むくの実と赤土を大国主神おおくにぬしのかみに手渡し、それを嚙み砕いて吐き出させた。須佐之男尊すさのおのみことはこれを見てムカデを嚙み潰したと思い、安心し眠りについた。
この隙に二神は須佐之男尊すさのおのみことの髪を室屋むろやの柱に結び付け、入口を大岩で塞いで逃げ出した。そして須佐之男尊すさのおのみことの大事な宝物である生太刀いくたち生弓矢いくゆみや天詔琴あめののりごとを持ち出していたが、急いで逃げたので天詔琴あめののりごとが木の枝に触れて音が鳴り響いた。この音を聞いて目覚めた須佐之男尊すさのおのみことだったが、柱に結んだ髪を解く間に二神は遠くに逃げおおせた。
須佐之男尊すさのおのみこと黄泉比良坂よもつひらさかまで二神を追って行き「生太刀いくたち生弓矢いくゆみやで、八十神やそがみ達を追い払い大国主神おおくにぬしのかみになれ。そして宇都志国玉神うつしくにだまのかみ葦原中国あしはらのなかつくにの霊)となって、須勢理毘売すせりびめを妻とし宇迦うかの山の麓に、大きな宮殿を建てて住め」と呼びかけて大国主神おおくにぬしのかみをついに認めたのである。この時正式に大国主神おおくにぬしのかみという名を授かったと言われる。


図解で分かる古事記・目次