11. 大国主神おおくにぬしのかみ稲羽いなば白兎しろうさぎ

須佐之男尊すさのおのみことより生まれた出雲の神々だが、その6代目の子孫にあたる大国主神おおくにぬしのかみ、またの名を大穴牟遅神おおなむじのかみの兄弟には、八十神やそがみと呼ばれる多くの神々がいた。八十神やそがみは皆で絶世の美女と言われる八上比売やがみひめに求婚するために、大国主神おおくにぬしのかみに荷物を背負わせ従者として引き連れて稲羽国いなばのくにの八上に向かった。
途中の気多けたの岬に一行が着いた時、毛をむしり取られた丸裸の素兎が倒れていた。そこで八十神やそがみ達は、その兎に「お前がその身体を治したければ、この海水を浴びて、風の強く吹く山の頂で寝ることだ」と言った。
その八十神やそがみ達の言葉を信じた兎は言われた通りに海水を浴び、山の頂で身体を乾燥させることにした。
ところが、海水が乾くと体中の皮膚が裂けて、激しい痛みに襲われる。そのあまりの痛みに悶えて兎は泣き伏していると、大きな荷物を背負った大国主神おおくにぬしのかみが遅れてそこにやって来た。大国主神おおくにぬしのかみが兎に泣く訳を尋ねると、兎は事のいきさつを話した。

兎は淤岐おきの島から海を渡ってこの地に来るために、海にいるわに(昔はサメのことをワニと呼ぶ地域もあった)を騙して、「我々兎とあなた方わにを比べて、どちらの一族が数が多いのか数えたい。わにの一族全員を呼んで、この島から海岸まで並んでください。そして私がわにの一族の背に乗り、海岸まで数えながら渡りましょう」と持ちかけた。騙されたと知らないわにの上を兎はぴょんぴょん数えながら渡って来たが、最後のわにの背を跳んだ時に兎はつい「あなた方は騙されたんだよ」と暴露してしまう。その兎の言葉を聞いた途端、怒ったわにによって報復を受け、兎は毛をむしり取られてしまった。

また兎は「毛を取られて悲しんでいると、八十神やそがみ達が通りかかり『海水で体を洗い、山の頂で体を乾かすと良い』と教えてもらったので、その通りにしていたら、私の身体はすっかり皮がひび割れ、激痛に苦しんでおりました」と泣きながら言った。兎を可哀想に思った大国主神おおくにぬしのかみが「今から、この河口に行き、真水で身体を洗い流し、その河口の蒲の穂(花粉)を取って敷き散らし、その上に横になれば治るだろう」と教えた。兎がその通りにすると、たちまち身体は元通りに治った。
喜んだ兎は、大国主神おおくにぬしのかみに「八十神やそがみ達は決して八上比売やがみひめと結ばれないでしょう。荷物袋を背負った従者のようですが、あなたこそが八上比売やがみひめめとることが出来るでしょう」と言った。
この兎は稲羽いなばの白兎と呼ばれ、後に兎神となって鳥取県の白兎神社に祀られている。
白兎の託宣の通り、八上比売やがみひめ八十神やそがみ達の求婚を拒否し、大国主神おおくにぬしのかみの妻となることを宣言したのである。

図解で分かる古事記・目次