講義

【古事記紙芝居 第1話】天地開闢、国生み、神生み

【古事記シリーズ第1話】
(天地開闢、国産み、神産み)
古事記シリーズでは古事記を分かりやすく、説明致します。

まだ、この世が混沌とし何もなかった頃、一人の神様が現れる。

それがアメノミナカヌシ。

アメノミナカヌシを中心に外へ向かうよに現れたのがタカミムスビとカミムスビである。

中心に引き寄せる力と外に反発する力のバランスが整った頃、いくつかの神々が現れた。

この神様のことを別天津神と呼び、まだ肉体を持たない霊だけの存在だった。

その後、男女の肉体を持つ神様が、次々と現れる。

この神様は神世七代と呼ばれ、一番最後に生まれたのがイザナギとイザナミである。

イザナギとイザナミは神々から特別な力を授かる。

それが愛である。

まだこの世はクラゲのようにプカプカしていた。

神々はこの二人に世界をしっかり固めるよう天沼矛を授ける。

イザナギとイザナミは天の浮橋からコオロコオロとかき回した。

すると剣の先に付いた塩が落ちて出来た島がオノコロ島であった。

二人はオノコロ島に降り立った。

その島の中心に大きな柱、天御柱と宮殿を建てる。

私とあなたで力を合わせて国を生みましょうと…

天御柱を周り神生みを始める。

二人は初めての夫婦の神様になった。

イザナミは柱を右回り、イザナギは左回りに周り、巡り合ったところで、想いを止められないイザナミは『なんて素敵な男性でしょう‼︎』

それを聞いて『なんて素晴らしい女性でしょう‼︎』と女性であるイザナミから声をかけてしまった。

すると、生まれてきた子供はヒルのようなグニャグニャした子供だった為、ヒルコと名付け、海に流してしまう。

なぜこんな子供が生まれたのか、考えるが分からない。

そこで高天原の神様に聞いてみることにした。

高天原の神様は、女性であるイザナミから声をかけたからそうなったのだと教えられる。

今度は男性であるイザナギから声を掛けた。

すると数々の立派な島々が出来た。

二人は次に様々な神様を生んだ。

山の神や海の神、風の神や木の神。

こうして自然のいたるところに神様は宿るようになったのである。

ところが火の神様を生んだ時、イザナミは火傷を負って命が尽きてしまい、黄泉の国へ旅立つ。

悲しみにくれたイザナギは死者が住むという黄泉の国へ行く。

イザナギは御殿の前で『一緒に帰ろう』と叫ぶ。

すると中から『こっちの食べ物を食べたから帰れない』

しかし『ここまで来てくれたのだから黄泉の国の神様に聞いてみる』と…

そして『待っている間、決して中を覗いてはいけない』と約束をする。

しかし、あまりにも長く待たされ不安になったイザナギは、中を覗いてしまう。

そこにいたのは全身ウジに覆われ、見る影もないイザナミの姿だった。

イザナギは音を立ててしまう。

それに気づいたイザナミは『私の言葉を疑い、見せたくない姿まで見られた。それも一番見られたくない愛する人に』

イザナミの怒りは収まらなかった。

イザナミはイザナギに悪魔を放つ。

イザナギは恐ろしくなり、その場を逃げ去ってしまう。

悪魔を払おうと桃の木から桃をとって投げつけ、黄泉の国の入口を岩で塞いだ。

そして、イザナギはイザナミに別れを告げる。

それを聞いたイザナミは激怒し1日1,000人殺すと言った。

イザナギは、ならば1日1,500人産んでやると。

この時、人の生と死が生まれた。

その後、イザナギは穢れを祓うため禊を行う。

神様が穢れを嫌い、神社で手と口をゆすぐのはこの事からである。

その禊で生まれたのが最も尊い神様、アマテラスとスサノオ、ツクヨミの三貴子である。

ここまでが国生みの物語です。

では、ここで登場したイザナギとイザナミはどの様な神様だったのでしょうか?

日本の神は八百万の神と呼び一人ではなく沢山の神様が存在します。

また、決して完全無欠ではなく互いが支えあってこの自然界を守っています。

また、人にはそれぞれ性格がある様に、神様にもそれぞれ神格というものがあります。

その中からあなたによく似た神様を探すことが出来ます。