講義

1天地の始まりと神様の誕生

全てはここから始まる。

天と地の始まり。まだ、この世が混沌とし何もなかった頃、一柱の神様が現れる。それが天之御中主神あめのみなかぬしのかみ天之御中主神あめのみなかぬしのかみが中心に居て、そこから外へ向かう様に現れたのが高御産巣日神たかみむすびのかみ神産巣日神かみむすびのかみ。中心に引き寄せる力と外に反発する力のバランスが整った頃、二柱の宇摩志阿斯訶備比古遅神うましあしかびひこぢのかみ天之常立神あめのとこたちのかみが現れた。この五柱の神様を別天津神ことあまつかみと呼び肉体や性別を持たない霊体だけの存在だった。

造化三神の解説動画

上級師範コース
神格講座造化三神

その後、国之常立神くにのとこたちのかみ豊雲野神とよくもののかみの二柱の独神ひとりがみが現れたが、これらも現れては直ぐに姿を隠してしまう。神々は更になる進化を求めて、男女の性別を持つ五組、十柱の神を生んだ。この時生まれた二柱と五組の神々は神世七代と呼ばれ、その一番最後に生まれてきたのが男神である伊耶那岐命いざなきのみことと女神の伊耶那美命いざなみのみこと。この二神の伊耶那岐命いざなきのみこと伊耶那美命いざなみのみことは神々から特別な力を授かる。それは愛。高天ヶ原たかまがはらの神々はまだクラゲのようにプカプカと漂った不安定な地上世界をしっかり固めて安定させるよう伊耶那岐命いざなきのみこと伊耶那美命いざなみのみことに命じると、国土(島々)を創ることが出来る天沼矛あめのぬぼこを二神に授けた。

新生古事記伝

古事記の世界へようこそ、神世の時代から現代に続く我が国日本。

古事記の物語を分かりやすくまとめたあらすじを作りました。