あなたの開運メッソド教えます(その2)

あなたの開運メッソド教えます(その2)

この開運メソッドっていうのは大きく5つのタイプに分けられます。

この自分のタイプが分かれば、その才能を活かす為の時間がわかります。

例えば、どの時間に取り組めば上手くいくか、とか

人が会うにしてもどの方位で会った方がいいか、とか

さらに、その人の才能が開花する季節があります。

それをこの運勢方位盤を使って、説明していきたいと思います。

これは右と左と上と下に分けることができます。

左側は抽象的。上にいけば社交的。

右側は現実的。下は知性的になります。

 

こちら、東の人というのはオリジナリティです。

つまり朝は始まり、季節の始まりは春でしょう?

このタイプは世の中にないものを探す人達です。。

世の中にないものを探すからオリジナリティ

そう、オリジナリティの方というのは、世の中にないものを探すような思考だと上手く行くんです。

◉世の中にないものを探す思考ですか?

はい、そうです。詳しくは後ほど。

そして次はブランディングタイプ。こちらは新しいものを探す。

つまり、オリジナリティタイプの人が作ったものを見つけて、ブランディングしていく。

 

 

そして次はインスパイアタイプ。流行っているのもを探す。

それに付加価値をつけそこに投資して一気に広げていく、こういうタイプです。

このタイプは現実的なので、夢だけ大きくてこの先どうなるか分からないようなものには投資しません。またはしない方が良い。

確実に利益を出せる様な現実的なものにお金を使います。

例えば根拠のない自己啓発ではなく、集客のために実績を持っている人の講座に参加して、そのまま真似るとか。

だから、すぐに利益が出るような人との縁を作ると上手くいくんです。

そしてインストラクタータイプ。こちらは元となるもの探す。

元となるものとは発見とか発明ですね。

それを見つけたら研究開発する。

そして中央のバランサータイプ。これは足りないものを探す。

つまり、この人はいろんな物、足りないものを探して繋いでいくという人なんです。

中心にいてオリジナティタイプやブランディングタイプ、インスパイアタイプ、インストラクタータイプと

コンタクトを取って、足りないものを補う人です。

このように5つのタイプに分ける事で、具体的にどのような考えを持って行動した方が良いのかという答えがあるんです。

もう一つ、大切な事があります。

実はすべての人はこの真ん中に位置します。

この真ん中にいながら、オリジナルが得意とか

ブランディングが得意とか見ていきます。

バランサータイプは中心に位置しながら中心にいてそれぞれのタイプを繋ぐ人です。

◉確かにオリジナリティの人ばかりだったら沢山浮かぶけど

その先がないですよね。

さあこれはどうやって分けるか? 

それがこちらです。

東北と西南で線を引きます。

これは何かと言うと鬼門と裏鬼門です。

ですからここで陰と陽に分かれます。

◉本当だ!鬼門と裏鬼門ですね。

そして、どういう考え方でいたら上手くいくか?これを教えますね。

◉是非お願いします。

ー その3へ続く ー