神社の原点は占い

◉神社の原点は占い

風水では風水最適の地として定められた土地がある。

この土地のことを四神相応の地と呼ぶ。

この四神相応の地を探し、そこに御所や城が築かれ、都ができ

その鬼門を守る為に神社が作られている。

つまり、占いに従って城も神社も都も作られているだ。

また、七五三厄入なども暦である十干十二支を使った占いでいる。

現に絵馬やお守り、御神籤などもその一種になる。

 

神道学者は皆んな知っている。

その昔、雨乞いや災害、飢餓、疫病、地震など

神の怒りを収める為に、磐座で巫女が祈りを捧げた。

そこに社が建って神社が出来た。

神社で使われている、神具や造形なども多く占いから来ている。

例えば、ハートのマークの亥の目

あれは、火災から逃れるまじないの一つ。

亥は五行で言うと【水】

また、猪は火事になった時に亥の1番に気づくことから、火災防止として刻まれている。

また、神社に使用されている色彩。

・黒

これも五行の色であり

仁=青=木
礼=赤=火
信=黄=土
義=白=金
智=黒=水

これに紫=徳を加え大小に分けたのが

冠位十二階である。

つまり、占いとは国家を支える支柱とも言える。

人は【水・血液・気】で構成されて、全ての根源は気にあると考えた。

その気が良い方向に向くことを運と呼ぶ。

運とはと書き

を掛けてる事を【運命】

いの事を【運勢】

そのの高まりを【運気

全ての根源は一人一人の運気に掛かっている。

その軍が行く道を定めるのが【占い】である。

従って軍師はこの占いである占術を学んでいた。

今でこそ、科学が発展して多くは化学を用いて語っている。

しかし、科学は近代になって出来たもので歴史は浅い。

それ故に科学ではまだ証明されていないことが沢山ある。

つまり、科学はまだまだ未熟なのである。

その科学を信じるものも未熟になる。

この世界は知らないことの方が多い。

データや数字に管理されると、その知らない世界を否定し、知ってる世界を正当化する。

しかし、人が知っていることなんでほんの僅か。

これをソクラテスは【無知の知】と言った。

私は知らない事を知っている。

これが素直さであり、謙虚さである。

賢人達の知恵に耳を傾けよ。

そこに真実はある。