開運暦最新情報

占いで運勢の相性を解き明かす(前編)

NEW

占いで運勢の相性を解き明かす

◉今日は「なぜ秋にお祭りがあるのか」ということをお伺いしたいんですが

 

はい。

◉その前に先日、相性についてお伺いしましたが

 

相性にも色々あるということで、性格や環境など色んな相性がある。その中でも「今どんな時を迎えているのか」その時と自分の素質がどう相性が良いのか悪いのかという話でしたね。

◉そうなんです。その時というのが難しいという方もいらっしゃるので少し詳しく教えていただきたいと思います。

 

時というのはどんな時があるか。例えば春夏秋冬という時があります。春には1月2月3月。その中には1日2日3日という毎日の時。

◉日にちですね。

 

はい。一日の中にも朝昼晩という時があるでしょう?さあ訊きますよ?朝起きてまず何をします?

◉背伸びします。

 

あっ、背伸びはしますよね。そのあとは?

◉歯を磨いたり顔を洗ったり。

 

しますよね。そして?

◉窓を開けますね。

 

これは風水ですよね。一日の空気、空気は「空の気」でしょう?これが一日で淀んでしまわないように窓を開けることで空気が浄化されていく、「気が整う」という風水的にも朝から窓を開けるというのを朝から必ずやってみてください。

それから?

◉出掛ける準備ですかね。身支度。

 

そうですね。それが朝から行う相性なんでしょう?

◉相性?

 

そうです。朝それを行えば、気分が良くなったり、1日がスムーズに始まったりできるんでしょう?それが相性です。

◉それが相性なんですね?

 

その時間、朝に何をすれば良いかという相性がある。稲で例えると冬は何をする時?

◉冬は稲を刈った後なので種を作る時?

 

そうです。種を作るには栄養を蓄積しないといけないでしょう?「蓄積する時」なんです。

この図を見ていただきたいんですが

冬は蓄積をする時です。何かを始めるための準備期間。稲を作るには田植えをする準備が必要です。そのためには種を作る。栄養をどんどん蓄積していく。種を作る時は「習得する時」なんです。

◉習得する時

 

何か新しいことを始めようと思った人は今までの経験とこれからの未来を考えながら研究したり、想像したり。だから何か習得する。例えば何か商品を作る場合、同じような商品が世の中にどれくらいあるのか、というようなことを考えるのがこの冬、蓄積の時なんです。

◉学ぶということですね。

 

そうです。学ぶことが好きな人にとっては自分の季節でしょう?このように相性があるんです。

そしてこの真逆には「伝達」があります。ここは表に出て行って多くの人に会ってとにかく伝達するのが得意な人。冬、蓄積は内に内に掘り下げていくような人。夏の伝達の人が冬を迎えたらどうなるか。外に行こうとしても何となくその気にならない。外に行っても上手くいかない。閉塞感が生まれてスランプに陥るんです。だから季節を知ったからスランプに陥るのではなく、今までのサイクルを何度も続けていくと飽きが生まれこのままで良いのかと無意識に思い始める、これがスランプなんです。だからこの蓄積の季節は今までの経験とこれからどうするかをもう一度考える時なんです。

こう思うんです。冬になると表現力が乏しくなり思うようにいかなくなる。本当はその先に更なる自分が伝達をするために蓄積するその時なんです。

◉夏の伝達の時のためにしっかりと冬の蓄積の時に学ぶ

 

そうです。もう一段上の伝達するための学びの時が今なんですよ、と言ってあげれば相手は晴れやかな気分になります。

◉だから冬の人は無理して表現しなくて良いということですね。

 

だから相性が良い悪いはないんです。自分にとって悪いと思っているのは自分であって、自分が自分であるために少し苦手なことだけど蓄積すると次の自分になれる、ということです。

◉なるほど。

 

その次は「変化」。自分がインプットしたものを何かを始めようとすることに繋げる。より良い変化をするためには、ここは北東、鬼門なので綺麗にすることが大事です。これは風水です。ここで目標と計画をしっかり立て研究して次へ進みます。

次は「活力」。種が芽吹く、地上に出るとは、新しい世界にですわけです。

◉殻を破って。

 

新しい世界に出るから恐れがあるじゃないですか、その時にブレイクする。

◉飛び出した時は不安に打ち勝った時ですものね。

 

その時に、やる気・元気・勇気が必要なんです。新しい世界に出るということは新しい情報が降ってくるんです。アイディアや発想が湧いてくる時なんです。それが春です。

◉春は色々チャレンジしたくなりますものね。

 

これは人の春なので春を秋に迎える、春を冬に迎える人もいます。人によって違います。

◉そうか、私がそう感じたのは自分が春だからなんですね。

 

そうなんです。ではアイディア、発想を巡らせたい時はどの方角が良いですか?

(後編に続く)