開運暦最新情報

占い講座 算命学で占う。50年周期で時代は変化する。

占い講座 算命学で占う。50年周期で時代は変化する。

今日はこの算命学です。算命学には50年周期というまのがあるんです。時代というのは実に50年を移り変わっているという考え方があるんですね。

今、コロナじゃないですか。このコロナが明けた後どんな時代になるのか。この先もし戦争のような悲惨で世の中が待っていたらどうですか?

◉嫌です!

 

嫌ですよね。ではこの先で明るい未来だったら?

◉嬉しいです。

 

嬉しいですよね。今ころな苦しいかもしれない、ところがこの先は明るいなら皆さんで落ち込め必要ないでしょう?

ということで、今は時を読むということがとても大事なんです。この算命学を使って時読みでお届けしたいと思います。

これは木火土金水ですね。時・方位・季節を示しています。

ここに時代の流れを当てはめることができなるんです。

◉時代の流れを当てはめる。

 

はい。この時代の流れなんですけど1946年に日本国憲法が公府されました。ここから金(きん)の時代が始まったと言われています。何が起きたかというと1917年から1957年まで動乱。

乱期とは国として基盤が固まっておらず様々価値観が入り乱れ貧富の差が拡大しる、そういう時代です。A級戦犯が裁判があったり闇市があったりそういった同乱期だったんですね。

1957年から1977年まではどういう時代か。このまま動乱のままでは国は悪くなっていきますよね?どうなったか。教育で促していったんですね。経済は必ず教育が先に立つんです。

◉教育が先なんですね。

 

はい。教育を行なって経済発展させていく、そして安定・平和に持っていくんです。具体的に平和で世中にするには教育で非常に大事になってきますね。この教育の時代の時に所得倍増計画というものを政府に打ち出します。

◉所得倍増計画

 

時の池田総理が10年間で所得を倍にする、という計画い打ち出すわけです。そしてマンパワ教育。

◉マンパワー教育?

 

これは個人の力を発揮させる、個人一人一人に技術を持たせるという教育が始まりました。

そして1967年から1977年。ここは経済です。ここで日本列島改造計画を時の首相田中角英の発表するんです。代表的でなものとして住宅ローンが始まります。

◉住宅ローン?

 

はい。昔は貯蓄が無ければ家を買うことができなかったんです。

◉そうなんですか!

 

だから昔は大家族だった、皆んなで住んでいる。なぜならば家を買えないから。ところが住宅金融高庫を作ることで借金で家に買えるようになった。

◉ローンを組んで家を買ったりマンションを買ったりするのはここから始まったんですね!

 

ここから始まりました。ちょうど60年前です。

◉それまでは現金で住宅を買っていたんですね。

 

このことがきっかけで核家族化で始まります。核族になるとどうなるか。家が一軒増えるということは、家具・電化製品いろんなものが増える。

◉だから家が増える度にのものが増える。

 

そうでしょう?だから物の需要も倍になり経済が発展して所徳も倍になったわけです。

◉そういう事なんですね!

そして1977年から1987年。ここはどういった時代かというと庶民の時代。

◉庶民の時代?

 

そうです。つまり我々の時代なんですね。ここがバブル景気だったす。一般の人でみんな潤っていたそんな時代でした。

そして、1987年から199年までの間が権力が時代。

◉権力の時代

 

そう。ここでバブル崩壊。そしてリクルート事件。こういったら時代。こういったように50年がぐるぐる回っているんですね。

そして2007年まで失われた10年。2017年で失われた20年。

◉失われた20年。

そしてここは方位でいうと北東です。北東が鬼門。

何で起きたかというと2009年の途中、ここは2011年。鬼門。そうここで東日本大震災が起きたんです。

◉そうなんですね。

 

という風にいつ地震の起きやすいとか、こういった事に気をつけた方がいいとか、実はここで読み解く事でできるんですね。

そして今、2017年から2027年の10年が現在です。

コロナが起きるということまでで予言はできないですが、全体が大まかな流れではつかむ事ができるのでこういった出来事で起きやすいという事がわかるんです。さあ、今後どんな時代が来るか。

庶民の時代が来る。

◉庶民の時代

 

つまり、今を耐えると我々が庶民の次代が待っている。

今一番打撃を受けているのはどこですか?大手企業でしょう?大手企業で続けられなくなる。今は借金でなんとか保ってはいるけど、ここから借金を返していく時代になる。借金え返すだけ企業と新たに始めるは企業とどっちが良いですか?

◉新たにな始める企業です。

 

そうでしょう?なので今はとにかく我慢してください。今我慢すれば今後に皆さんの時代がやってきます。新しいものでどんどん生み出していく明るい未来が待っているんです。

◉ということは9年後ですか

 

はい。そういった事が分かるんですね。

庶民が台頭する時代は

経済の基盤で整い全体が潤うことで庶民にも経済力がるつく時期

民衆の文化が開花する時代

そういう時代でなっていくというのが分かってくるんです。どうですか?

◉6年後に良くなっていくというのが分かるば安心ですし、その間に何ができるのかということにシフトできますよね。

 

そうなんですね。人のなぜ恐れ感じるか。人はなぜ不安になるのか。それは未来が見えないからです。未来を見るということ不安や恐れがなくなる。そうするとやる気元気勇気が湧く。

今はコロナで不安や恐れはあるで思います。ですが大切な事はやる気元気気心に留めてしっかりやっていければと思っています。

このように八百万の神開暦は四柱推命・算命学・陰陽五行・気学、こういったものの良い所のだけを抽出して日本の神様が御神勅という形のころなミックスさせた全く新しい日本人のための占術です。是非この八百万の神開運暦が体験してみてはいかがでしょうか。

 

八百万の神開運暦 無料鑑定はこちら

【あなたの数魂教えます】