開運暦最新情報

『風水を頭だけで理解して取り入れると失敗する!?』

NEW

『風水を頭だけで理解して取り入れると失敗する!?』

「西に黄色いモノを置くと金運アップ!」「玄関にはマットを敷くと良い!」など、わかりやすくて、すぐに取り入れられそうな風水のアイデアって、たくさんありますよね。

風水には、先人達から受け継いだ生活の貴重な知恵がギュッと詰まっていますので、積極的に取り入れることで、あなたの生活が豊かになり、波動が高くなるのは間違いないでしょう。

しかし、そこで注意しなくてはならないことがあります。

それは、風水を頭だけで理解しないで欲しいということ。

一番大切なのは、あなたの「感覚」です。

感覚を優先することが何より大切

たとえば、あなたが有名な風水の本で「部屋に飾るなら、人工の植物ではなく、本物を置くべき」という文面を読んだとしましょう。

そこで、本当はオシャレなフェイクグリーンを飾りたいと思っていたのに、諦めて仕方なく、手入れの大変そうな本物の植物を買って来たら…?

そして実際、手入れがうまく行かず、面倒になって放置し始めたら?

おそらく部屋の波動は、逆に下がってしまうでしょう。

「人工の植物より、本物を飾るべきだ」と本に書いた人物は、そこに自分なりの理由と意味を見出していて、何かしら主張したいことがあったはず。

しかし、その意味までよく解釈せず、ただ単に頭で解釈して「本物の方がいいなら、本物にしておこう」と思ってしまったのだとしたら、それはよろしくありません。

風水の本に、たとえ何が書いてあったとしても、あなたが心から「これを飾りたい!」「このモノからエネルギーがもらえそう!」と思ったのであれば、そちらの感覚を信じて大丈夫です。

ただ素敵と思える空間にすればOK

風水の本の通りに、玄関マットを敷いてあっても、鏡を置いてあっても、観葉植物を置いてあっても、入った瞬間に「え…っ、何か変かも」と感じる家って、ありませんか?

ちょっと想像してみてください。

大切なのは、具体的に何をいくつ実践しているかではなく、入った瞬間に、直感で「ワーッ!素敵な空間!」と思えるかどうかです。

向きが左とか右とか、色が黒とか白とか、そういった細かいことに囚われる必要はありません。

「なんて素敵なの!」と思える部屋を作ることさえできれば、それでOK。

風水については、それくらい気軽に考えつつ、取り入れるようにしてみてください。

基本的には自分の感覚に従い、風水の本は、どちらが良いか迷った時の参考にする、くらいの感覚でいると、上手に開運することができるでしょう。