【京滋支部長 伊藤様 感想】


【京滋支部長 伊藤様】
京滋支部長伊藤様よりコンベンションのご感想を頂きました。

神道の心を伝えるコンベンション開催ありがとうございました!

ひと言で言うと『場が違いました』

言葉ひとつひとつに言霊がこもり響くものがありました!

また誰かが話すというよりは皆が主役という他には無い雰囲気であっという間に時間が過ぎ去り会は終了しました!

コミュニケーションワークを無くして、初めましての方々とこんなに仲良くなれる会は他には無いとも思いました!

そんな今回の会に、それは『 なぜ ?』と自分なりに考えてみました。

趣味など共感するものが同じだと心の距離が縮まるから?

違う、そんな心理的な単純なものではない、、、

では何?

少し答えが見えた気がします。

それは、皆がこの国を誇りに思い愛す事でした。

思想的な右左の話しでもない。

脳科学でも言われている、『他人を愛すには自分を愛す事』

『自分を愛すには親を愛す事』

『そしてこの2つの奥には更に重要な愛があったのです!

それは、『自分の生まれた国を愛し誇りに思うこと』

この会にはこの愛があったからこそ皆が主役になれたんです。

なぜ生まれ暮らす国を愛す事が重要か?

それは、自分を愛す為には他人や親や生まれた国を愛さなければ、潜在意識上の自分は存在しないから!自己否定に繋がる…

人は他人がいなければ生きていけない。もちろん子孫も残らない。

タイムマシンにのって親や日本を消去すれば?勿論、自分は存在しない!

だから意識では考えなくとも潜在意識は気づいているのです。

他人、自分、今 暮している国を否定すれば自分の存在は無になる事を。

この会では思想では無く幸せになる為の基本を学べたと思います。そしてこの基本的考えは世界共通の幸せになる為の根源の部分だと思います!

だからこそ世界中のどの国を見ても、先ずは『愛国心』を大切としている事がヒシヒシと感じました!

このような誰も意識上では気づいていない『人は何の為に生まれてきたの?』

『それは、幸せになる為に生まれてきたんだよ』という根源と答えが見えた素敵なコンベンションをありがとうございます!

そして皆様、改めてありがとうございました!