母から頂いた命

【母から頂いた命】

余命半年

ある青年はガンを告知された。

まだ子供は7歳

家も建てたばかり

闘病により職も失った。

しかし、彼は名医に出会い

命を繋げることが出来た。

また

ある青年は

ガンになることなく

健康な一日を過ごしている。

そこには口酸っぱく

嫌いなものを食べさせ続けた

母親の存在があった。

人はこの医者に

感謝する事が出来ても、

この母親に

感謝出来る者は少ない。

なぜなら

この母親は嫌なことを言う

根源そのものだからである。

また

ガンになって人は後悔する。

しかし

ガンになっていないのだから

母親のお陰でガンに

ならなかったと気づけない。

【得るもの】【あるもの】

医者によって【得た命】

母親のお陰で【ある命】

同じ価値のある命である。

私達は

誰かの【愛】によって

活かされている。

もしあなたが

既にあるものに

目を向けることが出来れば

多くの愛に包まれている事に

気づくはず

私達は既に

多くのものを頂いている。

その殆どが自然の恵みである。

太陽の光

美味しい空気

水や食べ物

自然界は無償で

私達に多くのモノを

与えている。

その自然の事を

私達日本人は

【神】と言った。

その神に感謝を届ける場所

それが【神社】である。

何かを得る事で

言葉をかけることを

【挨拶】

既に頂いている事に

言葉をかけること

【感謝】と言った。

あなたは

誰に感謝を届けますか?

全国各地で講話・講座を開催しております。