コラム記事

神道とは何なのか?

【神道とは何なのか?】

始めて神道を意識しだしたのが、17年前。

自分は何者なのか?

その先にあったのが【神道】でした。

そして、神道とは何なのか?

探求が始まったのです。

本を手にし少し読みました。

しかし、そこに書かれたものは物や儀式の名前や作法や伝統。

それら全ては後から付いたもの。

私が知りたかったのはその奥にあるものでした。

私は私である前に日本人です。

また、日本人である前に人類です。

人類である前に生き物です。

生物である前に、自然の一部です。

その自然のことを日本人は神と言ったのです。

従って、神はゴットではありません。

幸いなことに、私は12歳の頃から無い感を行なっています。

多感な時から、自分の感情を鎮める為に無い感を行なっていました。

悩みや苦しみの答えは、自然の真理の中にある。

愚痴や弱音は一切吐くまいと、自然の真理の中から、答えを導こうとしたのです。

実はこれこそが神道であると言うことにに気づきました。

つまり、導かれるのではなく、自らが導く。

教わるのではなく、学び取る。

御利益とは頂くものではなく、与えるもの。

全て、私たちが考えていたことの真逆にあったのです。

幸いなことに、私は幼い頃から身についていたことに気づきます。

それから一切本は読まず、勉強せず私が感じるまま生きてきました。

また、神主様にインタビューさせて頂きながら、学び取ったものを記事にしてアップする様にしたのです。

よくよく考えると、ブッタにしろ、イエスにしろ、何かの本を読んであの様になったわけではありません。

自然の真理を探究して、解いたのです。

つまり、彼らは私達が生きるうえで大切なあり方を解いたのです。

その解いたものを文字や図形、数値にしたのが経典。

つまり、知識となったのです。

これを読めば分かるように、自然の中に知恵があり、その知恵を分かりやすくまとめたものを知識というのです。

知恵は【あり方】

知識は【やり方】

どうやったら上手く行くか?

それが知識なのです。

そして、知識が膨大になり、一番大切なあり方が失われようとしています。

つまり【かがみ】の中から【かみ】がいなくなり【が】だけが残る。

そんな世の中に向かっています。

自然と人間と神が離れ、大きな災害へと繋がっているのです。

大きな災害により、経済は破綻し、争いが起き、人類は滅亡すると言われています。

家の中でステーキを食べながら、贅沢に暮らしている最中、家の外では火事になっています。

あなたが先に行うのは、ステーキを食べることですか?

それとも火を消すことですか?

今まさにこの事が問われているのです。

———————————

誰でも簡単に古事記のことが学べる本

【日本の神さま開運book】