矛盾こそがあなたを成長させる

【矛盾こそがあなたを成長させる】
日本の神様は八百万の神と言い、西洋の神様と違い全知全能ではない。

アマテラスさえ、雷を落とすことも、風を吹かすこともできない。

従って、足りないところを批判するのではなく、共通点を見つけ足りないところを補っている。

つまり、この世にあるのは完全無欠ではなく、矛盾である。

八百万の神はその矛盾を補いながらこの自然界を守っている。

つまり、この矛盾に出会ったときこそ、人のお役に立てるし、あなたは活かされる。

しかし、完全無欠があると思うと、常に自分は正しいとなる。

しかし、この世には矛盾しかない。

その矛盾に出会った時に、人は悩む。

悩むから考える。

考えるから行動する。

行動するから答えが出る。

しかし、矛盾がないと思えば、人のせいにする。

人のせいにするから考えない。

行動しない。

従っていつまで経っても答えも出ない。

この様に、あなたを成長させるのは矛盾に出会った時である。

『考えてから動け!』

『動いてから考えろ!』

もし、同じ人から言われたら、あなたに取って、その言葉は間違っているかもしれない。

しかし、この事自体は正しい。

もし、あなたが『こんちくしょう!』と思った瞬間にあなたは悪に意識を奪われている。

逆に『これはどんな意味があるんだろう』

そう考えるには善に心を留める力が必要である。

つまり、善に心を留めている状態を、清らかな状態。

悪に意識を奪われている状態を穢れた状態と言える。

孔子はこれを至善に止まると言った。

この様に同じ出来事でも【穢れた】経験を積むのか?

【清らかな】経験を積むのか?

全てはあなたの選択次第。

また、その経験の積み重ねがあなたの人生そのものである。

全ては矛盾の解釈でこの世の中は良い世の中にも、悪い世の中にもなる。