徳がある人とはどんな人?

【徳がある人とはどんな人?】
徳とは一般的に黙って世のため人のために仁慈を尽くす事だと考えがちである。
では『私は、徳を一切積んでいない人?』と聞くと、誰一人いない。
つまり、徳を積むことなど特別なことではない。

ごく普通のことなのである。

では、徳とはなんなのか?

徳がある人とは

【人が積んだ徳に気づく人に徳は備わる】

人はそんなに強くない。

誰も気づいてくれなければ、自らその徳を明らかにしようとする。

『黙ってやっているのにお前らは分からないのか?』

自分で明らかにした時点で、それはもはや徳ではなく、損得になる。

つまり、徳を積んでも誰も気づいてあげなければ自らが徳を示す様な世の中になり、この世は穢れた損得の社会になるのである。

しかし、人が積んだ徳に気づいてあげ

『いつもありがとう!』と声をかけてあげれば、皆が進んで徳を積もうとする。

この世は徳に包まれた清らかな社会になるのだ。

つまり、徳を明らかにするのはその徳に気付く人である。

これが成るように成る状態である。

皆が一丸となり、それぞれが持てる力を発揮する。

その為にはその徳に気づいてあげる【徳】が必要なのである。

これは私達の日常でも垣間見ることが出来る。

問題を起こした人に意識を奪われるのではなく、問題を起こしたにも関わらず、一切言挙げせず黙ってやっている人がいる。

あなたが心を寄せ、評価する人は問題を起こした人ではなく、問題が起き負担になったにも関わらず黙って行っているその人である。

その人を評価することが清らかな社会を作ることに繋がるのである。