伊勢神宮別宮 月讀宮

10月16日、伊勢修養団の企画で伊勢神宮の神嘗祭に行ってきました。

午後からの集合でしたので、名古屋支部の皆さんと伊勢神宮別宮の月讀宮に行ってきました。

月夜見尊 (ツクヨミノミコト)

【闇に光を届け導く神】

ツクヨミは、アマテラスの弟であり、スサノオの兄でもある。

イザナキがイザナミに追われ、黄泉の国から逃げ帰ってきた後、イザナキの右目から産まれた神様がツクヨミである。

イザナキが産んだ最も尊い神として、彼らを「三貴子」と呼ぶ。アマテラスは太陽の神。

スサノオは海原の神。

そしてツクヨミは夜の神、または月の神と呼ばれている。アマテラスやスサノオの話はよく出てくるが、ツクヨミはほとんど登場しない。

支配領域は、天や海に限定されず広い範囲に及ぶという。また、大陸に派遣され大陸の神様になったという説もある。いずれにしても、謎が多い神様である。

また、ツクヨミ(月読)という「月を読む」意の名前から、暦とのゆかりも深い。

暦は月が満ち欠けする月齢と連動しており、満月から次第に月が欠けていき、新月になるまでの時間の流れを基準とする。神社で一日と十五日に参拝するのは、この月の満ち欠けに関係していた。

一か月のうち、十五日を境に振り出しに戻り「気」が高まることから、一日に祓い、そして十五日にまた祓う。

これが参拝時期の所以である。

アマテラスが「陽」ならば、ツクヨミは「陰」。


夜の闇に光を届け、海の航海をそっと見守り、さりげなく人々を導くありがたい存在である。

決して主役ではないが、なくてはならない存在。人にも様々な役割がある。表舞台に立つ人、実行する人、補助する人など。

一見、言葉を発する者だけが人の目を引くが、それは、誰かがその言葉を差し控えたからこそ、言葉を発する者の存在が際立つのである。

「成るように成る」という言葉がある。

とやかく物申したり、あれこれ心配しなくとも、必然の成り行きのままで良いように出来ている。

この世は「成る」で出来ているのだ。

しかし、どうしても事が成らない時に「する」人が出てくる。

人はそれを「英雄」と呼ぶ。

私たちは「する」ことに目を向けがちだが、日常における多くの場合は「成る」ことによって支えられている。

特別な能力がある人は、その能力を活かして様々な困難を切り拓いていく。その一方で、足元が見えにくくなってしまう。

その見えない足元の細かな部分を、他の誰かが支えている。

ツクヨミは、そんな足元を照らす神様ではないだろうか。

私たちの周りにも、陰で支えてくれている人がいる。そこに眼を向けて評価できる人にこそ、徳は備わる。

あなたの足元を照らしてくれている人も、きっといるはずだ。