令和元年に起きること

【令和元年に起こること】
5月1日より元号が平成から令和に変わる。
そして、新天皇が誕生する。
そして、誰もが耳にする。
126代天皇。

『えっ!126代?そんなに続いているの?それってどれくらい凄いの?』

なんと世界で一番長く続く皇族。

それが我が国の天皇である。

従って我が国日本は世界一長く続く国である。

さらに地球創生上一度も滅びたことのない国。

それが私たちが住む日本である。

『そんな凄い国を作ったのは誰なんだ!』

初代は誰だったのか?

それは、神武天皇である。

神武天皇はどんな人なの?

古事記に登場する神様。

『神様?』

古事記ってどんな物語?

日本はいつ出来たの?

何月何日に出来たの?

神武天皇の祖先って誰?

神武天皇の祖先は【天照大神】

天照を祀る神社が伊勢神宮。

伊勢神宮の神様である天照は天皇の皇祖神。

私達は神話の世界からずっと続いている。

つまり、私達は未だ神話の中で生きているのだ。

さらに、11月23日は大嘗祭。

神道の祭祀の中で最も大きな祭り。

この様に、天皇・古事記・神社・八百万の神・神道と身近なワードとして、私達の周りで起きる。

さらに、2020年は日本書紀編纂1300年にあたる。

今回、令和と言う元号も万葉集から取られた。

日本がもっと身近に^_^

改めて日本のことを学ぶ時が来ている。

その前に、やらなくてはならないことがある。

それはわが国日本を否定することを捨てることである。

講話では皆様が知らない日本の素晴らしさをお伝えしております。