人も自然の一部に過ぎない

あの山は動くのか?風林火山にあるように『動かざること山の如し』
しかし、それはひとりの人間が生きている時間の話。山は長い時間をかけて動いている。

だから、人は自分が生きている間になんとかしようと焦る。

また、気にくわないことを今すぐに変えようとするのだ。

その感情こそが【自我】である。

また、作物を貪る虫は悪そのものである。

しかし、植物が交配を進めるには虫は善なる存在になる。

人にとって悪でも、自然界にとっては善なる存在なのだ。

つまり、悪は人によって作られ、自然界では人の悪も善に変わる。

この事から分かるように、人は矛盾を抱えながら生きている。

但し、そこには【大いなる力】が存在している。

近年、中国に台風が行くようになった。

それはなぜだろう?

それは自然の理に逆らい大気を汚染しているからである。

地球にとってはそれは癌の腫瘍のようなもの。

取り除かなければならない。

だから、台風によって腫瘍を取り除いているのだ。

それでも、言うことを聞かなければ、さらなる災いをもたらし、地震や洪水といったもので根源を絶とうとする。

自然界に意思はないと思っているのは人間だけ。

あなた自身も自分の意思ではどうしようもないことがる。

さぁ、心臓を止めてください。

自分の意思とは関係なく心臓は動く。

この様に人間も自然の一部。

私たちの中にもこの様に大いなる力が働いている。

苦楽は表裏一体だと言う。

苦があればその先に楽があり、楽すればその先に苦がある。

自分の悪を認めず、善を主張し続ければ苦はいつまでも続き、悩み続けなければならない。

人は何もないのに指摘したりはしない。

何かあるから指摘するのだ。

その何かが変わらなければ、人はずっとその感情に囚われる。

それと同じように、自分が当事者であれば、非を認め改めなければ自然界はさらなる試練を与える。

神道では天の恵みによって私達は与えられていると考えていた。

だから、災害に見舞われた時だけではなく、いかなる時も初詣や参拝に行き感謝を届けた。

また、これは義務でも責任でもない。

なぜか、気づけばそこに立っているのだ。

日本には様々な祭日があるが、名の如く祭事する日である。

そのほとんどが神道の祭事に関係している。

この様に私達は理解できない【大いなる力】の存在によって善がもたらされ、その善に感謝する姿が、善なる善を引き寄せることに繋がるのかもしれない。