一を見て全てを判断する

【一を見て全てを判断する人】
人は一つの過ちを見て、その組織全体を判断することがある。
むしろそんな人が多い。
しかし、それは裏を返すと自分も同じように扱われていることを意味する。

もしあなたが、一を見て全てを判断するその人だったら、ビジネスはあまり上手く行かない。

ここに隠された問題が潜んでいる。

あなたが嫌だと思ったその人が、もしあなたの社員だったら。

これはあり得ないことではない。

もしそうだったら、あなたの会社はダメな会社となる。

本当に入社したばかりの社員が問題を起こしたからと言って、その会社が積み上げて来たもの全てがダメなんだろうか?

だから、上手くいかないのである。

なぜなら、問題に意識を奪われ、問題をなくすことこそが会社を良くすると信じているからである。

本当に問題が無くなれば会社は良くなるのだろうか?

少し考えてもらいたい。

あなたがたまたま起こした問題を上司が見つけ、その問題が会社の印象を悪くすると怒鳴りつける。

さぁ、あなたはどんな気分になるだろうか?

また、そんな会社は上手く行くだろうか?

私達は夢や希望、目標や志がある。

それら全ては【善】で出来ている。

その善を磨いた者のみが夢や希望、目標や志を実現できる。

その善を育てることこそが成功の秘訣なのだ。

これを【清め】という

悪いところに意識が向く人は【怒る・切る・逃げる・黙る・無視する】こんな行動をとりがちである。

こんな人が本当に成功するだろうか?

また、幸せになるだろうか?

一つの問題、一つの出来事でこれまで受けた多くの善を無にする。

しかし、考えて欲しい。

その問題を起こした人を、自分の隣人だと思い、育てる事が出来たら…

また、その人が見事に育ち、あなたの良き貢献者となったら…

そうやって人や社会を育てること、それが愛である。

私達の子供や両親、兄弟や親戚。

その子供や孫。

色んなところで迷惑をかけ、色んな人が関わり、育てられている。

もしかすると、そのお世話になっているその人は、あなたが問題にしているその人の親戚かもしれない。

世の為、人の為に人事を尽くす。

そこに愛があれば出来るはずである。

愛とは相手の立場に立って考える事。

それが愛である。

愛があるから上手くいく。

とてもシンプルで分かりやすい幸せの法則である。

悪ではない、ただ過ちを起こしているだけ。

この過ちを取り除く事、これが【祓い】

そして、その人の善を育てる事、これが【清め】である。

悪に意識を奪われ、あなた自身が穢れる。

そんなことになってませんか?