【2020年(令和2年)を予測】

2020年(令和2年)を予測】

2020年(令和2年)はどんな年になるでしょう?

令和2年は子年

何かが始まり(一)

何かが終わる(了)

(一)(了)を足して(子)になります。

子年は、その種を撒く時です。

名前の最後に子が付いている人がいます。

例えば幸子さんなら、生まれてから死ぬまで、幸せであってもらいたいという両親の願いが込められているのです。

令和2年はオリンピックが開催されます。

2013にオリンピックの開催地に選出され、そこからオリンピックの準備が始まり2020にオリンピックは終わります

ちなみにオリンピックが決定した2013巳年

この巳は【起】とは【祀】という字に置き換えることが出来ます。

まさにオリンピック開催が決まり、起きた年でした。

つまり、良い種を撒くか悪い種を撒くかで双方は大きく変わります。

当然皆様は、良い種を撒きたいたいですよね。

そこまで聞くと、令和2年の良い種とはなんなのか?

知りたくありませんか?

では具体的に良い種を撒くにはどうした良いか教えますね。

【子】五行でいうと【水】になります。

【水】【知恵】を表します。

知識を得ることで知恵を活用して、物事の本質を知る良い時期です。

その学びも伝統や歴史など、道徳心を身につけると良いとされます。

令和2年は丁度日本書紀編纂1300になります。

温故知新。古いものの中に新しいものを生み出す、知恵があると言われるように、日本人の精神性、成り立ちなどを学ぶのも良いでしょう。

この学びを得ることで臨機応変に対応出来るようになります。

水は液体、固体、気体と変化することから五行の中で一番臨機応変に対応できると言われています。

また、令和2年は庚子(かのえねずみ)

五行で表すと【金】になります。

金は季節で言えば秋を意味し、これから冬になってい冷え込んでいくというもの。

なんだか、少し不安になってきましたね。

この事から分かるように来年、オリンピック後の株価は少し不安が残ります。

しかし、良い情報もあります。

来年は6年ぶりの【相生の年】

助け合う良い組み合わせになります。

では【金】は何を意味するのか?

金は【義】になります。

義は打算によって揺るがない、正しいと思うことをすることが本質です。

つまり、学んだ知識の中で儲かる、成功するではなく。

それが正しいか正しくないかを判断し、行動に移す事です。

その正しいか正しくないかを歴史や伝統から学ぶ事が大切になります。

なんだか繋がりが見えてきましたね。

つまり、子の年を始まりにするのか終わりにするのかは、皆様次第ということになります。

もう少し詳しく伝えますね。

庚は終わりを意味します。

また【庚】【改める】とも考えられます。

つまり、悪いこと悪い習慣悪い関係を断ち切ることです。

そして正しいと思うことを行うことです。

これが始められる人です。

逆に打算で行なっていることをそのまま続行していたら、強制終了を告げられる恐れがあります。

これが自然の真理なのです。

さらに【子】は始まりと終わり以外に【増える】とも考えられます。

過去の庚子の年1960

1960には池田内閣では所得倍増計画

アフリカではコンゴ共和国、カメルーン、ナイジェリアなど。ヨーロッパの国から独立し17カ国が誕生しました。

この様に改めて増やす。

日本人でいうと3歩進んで2歩下がる。

でも確実に1歩ずつ進んでいる。

この状態ですね。

つまり、種を蒔き、芽が出て、花が咲き、実り、絶えていく。

人生はこれを繰り返しているのです。

この大宇宙は今、どの時期に差し掛かっているのか?

その気を摘み、気に乗った人が人生を豊かにしているのです。

令和2年は皆様にとって素晴らしい始まりの年であります様に願っています。

この投稿に出会った時点で、その気をつかんでいるかもしれませんね。

皆様の人生のヒントになれば幸いです。

ちなみに日本の年明けは2月4日(立春)になります。

まだ時間がありますので、今のうちに準備していてくださいね。

八百万の神開運暦では、この様なことも学ぶことができます。

是非、講座で会いましょう!

 

全国各地で講話・講座を開催しております。