コラム記事

【矛盾こそがあなたを成長させる】

日本の神は全知全能ではない

日本の神様八百万の神と言い、西洋の神様と違い全知全能ではない。

アマテラスさえ、雷を落とすことも、風を吹かすこともできない。

従って、足りないところを批判するのではなく、共通点を見つけ足りないところを補いながらこの自然界は出来ている。

つまり、この世にあるのは完全無欠ではなく、矛盾である。

八百万の神はその矛盾を補いながらこの自然界を守っている

つまり、この矛盾に出会ったときこそ、人のお役に立てるし、あなたは活かされる。

しかし、完全無欠があると思うと、常に自分は正しいとなる。

しかし、この世には矛盾しかない。

その矛盾に出会った時に、人は悩む。

悩むから考える。

考えるから行動する。

行動するから答えが出る。

しかし、矛盾がないと思えば、人のせいにする。

人のせいにするから考えない。

行動しない。

従っていつまで経っても答えも出ない。

この様に、あなたを成長させるのは矛盾に出会った時である。

【人】ではなく【事】に眼を向ける

『考えてから動け!』

『動いてから考えろ!』

もし、同じ人から言われたら、あなたにとって、その言葉は間違っているかもしれない。

しかし、考えて動くことも、動いてから考えることも、正しい。

もし『こんちくしょう!』【人】に眼を向けた瞬間、あなたは【悪に意識を奪われている】

逆に『これはどんな意味があるんだろう』と【事】に眼を向けると、あなたは【善に心を留める】ことができる。

つまり、善に心を留めている状態を【清らかな状態】

悪に意識を奪われている状態を【穢れた状態】と言える。

双方の違いは【人】に眼を向けるか【事】に眼を向けるかの違いである。

ここが大きい、

【人】【事】か。

孔子はこれを至善に止まると言った。

もし、人に眼を向けたら、穢れた一日を過ごすことになる。

その一日の積み重ねが人生であり、あなたそのものである。

つまり【人】に眼を向けた者は穢れた人生で終わる。

しかし【事】に眼を向けた者は清らかな人生で終える。

この様に同じ出来事でも【穢れた】経験を積むのか?

【清らかな】経験を積むのか?

全てはあなたの選択次第。


全ては矛盾の解釈でこの世の中は良い世の中にも、悪い世の中にもなる。

誰でも簡単に古事記がスラスラ読めるようになる【日本の神さま開運BOOK】を出版しました。お陰様で大人気、5刷目2万部突破のベストセラーになりました。この本は単なる古事記を学ぶ本ではありません。

【守護神鑑定で何が出来るのか?】
◉あなたが持って生まれた素質を知りたくありませんか?
◉あなたに秘められた才能や能力があったとしたら
知りたく
ありませんか?
◉ さらに、あなたの周りにいる人がどんな才能を持っていて、
あなたの何を補ってくれる人なのか知りたくありませんか?
◉それがあなたの家族や友人、職場の同僚だとしたら、どんな才能を
持っているか知りたくありませんか?
◉また、あなたの運勢を知りたくありませんか?今は攻める時なのか、 守りを固める時なのか?始める時か、控える時か。
◉さらにあなたの過去はどんな人だったのか?
なぜ、そこに拘っているのか?
◉あなたはなぜ【怒・喜・思・悲・恐】と言った感情になるのか?
◉あなたの感情の元となるものはなんなのか?

その元となる事が分かればたちまち悩み事やストレスは解消されます。
守護神が分かればいろんな事が見えてきます。
さらに、守護神鑑定を使えば、子育て、社員教育、コンサル、カウンセリング、コーチングなど、人に関わる仕事をしている方にも具体的に活用できます。
ビジネスで活用する場合は、守護神を使って組織分析も行うことが出来ます。
組織分析を行う事で、素質の最適配置が可能となり、離職率が格段に下がります。
八百万の神から学んだ【あり方】を私達人間社会の暮らしに役に立てる【やり方】に変換する。
まさに平和と繁栄を実現出来る最強のツールです。
セミナーではこの概念をお伝えしております。
また、懇親会では一人一人鑑定してあげています。
是非、オープンセミナーに参加下さい。

女性セブンで6ページの特集を組んでいたが来ました。

全国各地で講話・講座を開催しております。