【日本の神さま開運BOOK】

【日本の神さま開運BOOK】
ダ・ヴィンチニュースに紹介されました。


古事記をもっと分かりやすく伝えたい。

もっと楽しく伝えたい。
誰もが日本の成り立ちや日本の精神を語れる様にしたい。
子供達でも、自ら学びたくなる様なそんな本にしたい!
そう言う思いで作ったのが日本の神さま開運BOOKです。
お陰様で、沢山の方々が手に取って頂き、子供たちの間でも、守護神の神社に行きたい!
今度はお母さんの神社に行こう!と大変盛り上がっています。
また、守護神の性格を知れば、子供に具体的な教育も出来ます。

【斎】の子供がテストで100点取ったらおやつをあげる

【宝】の子供がテストで100点取ったら抱きしめてあげる

【天】の子供がテストで100点取ったら凄いねぇ、あなたは天才だ!気分を上げてあげる

この様に守護神が分かるだけではなく、人間関係作りや育児、教育にも役に立ちます。


新年はあなたの守護神を訪ねてみては如何でしょうか?
大きな神社だけではなく、意外と小さな神社にあなたの守護神が祀られているかもしれません。

■生年月日を使って自分の“守護神”をみつける

では早速本書の主な使い方を解説していこう。まず、確認するのは自分の生まれた年と月に対応した表。

タテ列にある「生まれた年」と、ヨコ列にある「生まれた月」がそれぞれ交差した場所に記載されている数字をみつける。次に、この数字に自分の「生まれた日」をプラスして、合計が60を超える場合には60を引く。

 以上の手順で導き出された数字を元に、本書にある別表から自分自身の守護神をみつければ準備はOK。同じ数字でも、男女それぞれで守護神は異なるのでそこは注意しておこう。

 ちなみに、筆者は1983年11月8日生まれのため、導き出された数字は「37」。男性なので、「ジンムテンノウ」が自分の守護神だとわかった。

守護神の素質を紹介

守護神の素質を知れば、あなたの素質にそっくりな事に気づくはずです。

今回は本で紹介している神武天皇を紹介します。

神武天皇の神格を紹介しています。

神武天皇とはどんな神様なのか?

古事記の物語の中でどんな活躍をしたのか?

古事記の中の神武天皇を分かりやすくまとめています。

八百万の神のあり方を学んだら、
八百万の人々とどう向き合うか?やり方が必要!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

成功する人としない人

人から愛される人と愛されない人

お金待ちになる人となれない人

なんの違いがあるのだろう?

もし、夢を手に入れる人の【考え方】【話し方】【行動】【褒め方】【育て方】があったら?

愛に包まれる人の生き方や

成功する人の生き方

お金持ちになる人の生き方

それらの統計を出して、答えがあったとしたら、知りたくありませんか?

それも10年や20年ではなく、4000年の歴史の中で解明されていたとしたらどうでしょう?

その統計学を学び日本の根底を支えた人たちがいます。

それが【聖徳太子・空海・最澄・吉田松陰】です。

頭が良い人は沢山います。

しかし、その頭も人と関わる事が出来なければ何の役にも立ちません。

この生き方こそ【処世術】なのです。

この伝統的な統計学と八百万の神が持つ神格と組み合わせ、全く新しく構築したもの。

それが【八百万の神開運暦】です。

占いがあなたを当たるのでなく、あなたの素質にあなたが合わせる。

身を委ねるだけで、何もかも上手く行くようになります。

まずは、その眼と耳で確認して、ご判断ください。

世界一長く続く国、日本

なぜ、日本だけが一度も滅びた事なくこんなに長く続いたのか?

その答えがここにあります。

日本の神様の事も同時に学べる。

全国各地で講話・講座を開催しております。