【大きな生き方と小さな生き方】

神道とは何なのか?と尋ねられればそれは分からないとしか答えられない。それは愛とは何なのか?神とは何なのか?と尋ねられる事と同じことを意味する。

つまり、白黒はっきり出来ないのだ。

なぜなら、愛の反対は無関心だと答えた人もいるが、明確な反対の意味を持つ言葉はない。

これは感謝も同じことが言える。

感謝の反対は何だろう?

不平不満、愚痴嫉妬、様々な言葉が思い浮かぶ。

しかし、感謝の反対は感謝しない。

つまり、感謝しなくなれば不平不満、愚痴嫉妬、様々な困難が襲いかかってくると考えた方が良い。

それだけこの言葉には大きな意味が隠されている。

つまり、仁に生き、礼に生き、信に生き、義に生き、智に生きる。

その生き方こそが大きな生き方であり、不平を訴え、不満を抱え、愚痴を言い、嫉妬にまみれる。

それは小さな生き方なのだ。

徳がある生き方

【仁、礼、信、義、智】

これらを全うする生き方をしたいものである。