【人生の目的】

私たちは何のために生きているんだろう?
それは【幸せ】になるために生きている。
では、幸せってなんだろう?
お金持ちになること?
成功すること?

地位や名誉や財産を手に入れること?

それは幸せになるための手段に過ぎない。

では、人・物・金

一番大切なものは何?

【人】

結局、幸も不幸も人が運んでくる。

では、人を知るには何を知れば良い?

人が一番大切にしているものを知れば良い。

では、人の中で一番大切なものは何?

それは心

では、聞きます。

あなたは心を学ぶ為にいつ・どこで・いくらかけて学んでますか?

ほとんどの人が何も学んでいない。

そうやって、頭で考えていることと、心で感じていることのギャップに苦しみ精神が破綻する。

それは病気になったから?

それとも、誰かに嫌なことを言われたから?

嫌な出来事が起きたから?

それは違う。

心を学んでいないからである。

その心を学ぶとき、ありがたい言葉を残した人がいる。

それがブッタ、イエス、孔子、ソクラテス

四大聖人

では、彼らは何をした人なのか?

ブッタは何を作った人?

何も作っていない。

イエスは何を作った人?

イエスは何も作っていない

孔子は?ソクラテスは?

そう。のちの弟子たちが勝手に作った。

それが宗教

では彼らは何をしたのか?

自然の真理を説いただけである。

その自然のことを日本では神道という。

つまり、神道を学ぶということは心を学ぶことに繋がる。

そうやって神道を学ぶきっかけとなる。

神道を学べば心を学ぶことが出来る

神道を学べば心が豊かになり、幸せになれる。

しかし、本当にそうなんだろうか?

そこで、神道とはなんなのか?

神道について研究を始めた。

私の人生のテーマがある。

それは人様との縁を長く続けること。

その為には、嫌という感情に打ち勝つことである。

人が大切だと言いながら、その大切な人との縁を切る。

なぜなのか?

それは嫌になったから。

それは相手が嫌になったのか?

それとも、あなたが嫌と思ったのか?

恋愛の定義

誤解して付き合って、理解して別れる

善も悪も一人の中にいる。

本当に強い人間とは嫌だという感情に打ち勝つこと。

結局、人と人との縁が組織を作り、国を作る。

つまり、国を滅ぼすのは嫌だという感情である。

この感情に打ち勝つことこそが平和を作ることにつながる。

これを私達は平和賛成運動と呼ぶ。

では、神道を学べばその縁を長く続けることが出来るのだろうか?

本当にそうであるのならば、日本はとんでもなく長く続いているはず。

世界で一番長く続く国はどこ?

【日本】

そうである。

我が国日本。

2番目に続く国がデンマーク、イギリス

この様に、人と人との縁を大切にしてきたからこそ、日本はこんなに長く続いた。

世界一長く続く国日本

そこには訳がある。

その中心にある神道を学べばそこに答えがあるはず

そこで出会ったのが古事記

日本最古の歴史書である。

さぁ、あなたも古事記を学ぼう!

あなたの苦しみを解決してくれるかもしれない。