コラム記事

【もし、私が歴史の先生だったら】

さぁ、皆さん今日から新学期が開始し、皆さんの新しい歴史の授業が始まります。
歴史とはどう始まり、どう終わったのか?

それを学ぶのが歴史の授業です。

ここにいる皆さんも生まれて今日まで卓さんの歴史がありましたね。

その中でずっとやり続けていることがあるとするならばそれはとても素晴らしいことです。

多くの場合は嫌だ!飽きた!結果が出ない!

そう言って辞めていくものです。

この様に1つのことを極めるには強いメンタルが必要です。

若い頃はそのメンタルを鍛える事も、あなたの将来を支える大きなものになります。

この様に、皆様の人生ですら、終わる事もあればやり続ける事もあるのです。

では、人類の歴史を振り返ってみましょう。

私達は宇宙のチリから始まりました。

そのチリが星となり地球が誕生し、隕石の衝突、氷河期。

そして、人間が誕生し、国が誕生し、気賀や疫病、戦や戦争を乗り越え、今のあなたに到達しているのです。

もし、あの宇宙のチリにあなたの命の種がなければ今のあなたはいません。

もし、飢餓や疫病、戦であなたの命の種が潰えれば今のあなたはいません。

あなたにも苦しみや悲しみ怒りがあるように、あなたの素線も同じ経験を乗り越え、今のあなたにバトンを渡して来たのです。

その大切な命がどの様にして育まれて来たのか?

それを学ぶのが歴史なのです。

では、国が滅びるとはどんな時でしょう?

血は流れませんか?

あなたの両親の会社はありますか?

仕事を失ったあなたの家庭はどうなりますか?

あなたが当たり前の様に頂いている食べ物や住む所、寝る場所、着るもの、それを突然失うとしたら、どんな気分になりますか?

あなたの未来は新しい歴史となり、あなたの子孫に残していくのです。

では聞きます。

建国以来一度も滅びたことのない国が世界に1つだけあります。

もちろん、その国は世界で一番長く続く国です。

さぁ、その国とはどこでしょう?

それこそ、あなた達が住んでいるこの【日本】です。

建国以来一度も滅びたことのない、世界で唯一無二の国、それが我が国日本なのです。

下記の年表を見て下さい。

多くの国は滅びた歴史です。

つまり、滅びたことを学ぶのです。

しかし、我が国日本は違います。

どの様にしてこの国を繋いできたか。

その繋いで来たことを学ぶのが我が国日本の歴史なのです。

つまり、日本の歴史を学ぶということは低王学を学ぶことに繋がるのです。

そして、皆様のDNAにはその繋いで来た記録が刻まれています。

どの国よりも誇り高い、精神が宿っているのです。

その事を魂と呼びます。

あなたの心の底に眠っている誇り高い魂を呼び起す。

それが今日から始まる日本史なのです。

そして、その事を学んだあなた達が、新しい未来と誇り高い歴史を作るのです。

さぁ、今日から新しい未来を共に学ぶ授業が始まります。

もし、皆様の知人、友人に学校の先生がいたら是非教えてあげて下さい。