【あなたが大切にしているものは?】

人・物・金
一番大切なものは?
多くの人が人だと答える。
では聞こう。
あなたは心を学ぶために【いつ・どこで・いくら掛けて学んでいるだろうか?】

ほとんどの人が全くと言うほど学んでいない。

しかし、物を得るためや、お金を稼ぐための資格や勉強は山程やっている。

本当に心が大切なのだろうか?

本当はお金が欲しいのではないのだろうか?

この様に言ってることとやってることが裏腹だから、心のバランスが壊れて、人は迷い、苦しみ、精神が破綻する。

それは何故だろう?

病気になったから?

悪い事が起きたから?

誰かに嫌なことを言われたから?

それは違う。

心を学んでいないからである。

知ってるけど、思っていない。

思ってるけどやっていない。

やってるけど出来ていない。

知ってる分かってるは【頭】で考えているだけ。

思ってるは【心】で思っているだけ。

心で思い続ければ、願いに変わり、願い続ければ、祈りに変わる。

祈り続ければ、その祈りは心の底に届く。

心の底には何がある?

それが【魂】である。

つまり、心を磨くとは魂を磨くことに繋がる。

その祈りが決意と変わる。

つまり、祈りとはご利益を頂くことではなく、決意を告げることである。

心をいくら学んでも、実践しなければ、その学んだことは頭に留まり、思っているだけでは心に留まる。

だから、思っているだけで、やっていない。

だから迷うのだ。

では、その心を学ぶにはどうしたら良いのか?

その心を学ぶには有難い言葉を残した4人の人の聖人と呼ばれる人がいる。

それは誰だろう?

それがブッタやイエス、孔子、ソクラテスである。

これを四大聖人と呼ぶ。

では、ブッタやイエス、孔子は何をした?

ブッタは仏教は作っていない。

イエスはキリスト教を作っていない。

孔子は儒教を作っていない。

のちの弟子たちが人を束ねる為に思い思いに作っている。

では、その有難い言葉を残した彼らは何をやったのか?

それは自然の真理を説いただけである。

つまり、心を学ぶと言う事は自然の真理を学ぶ事である。

その自然の真理のことを日本語で【神道】と呼ぶ。

神道を学ぶということは心を学ぶということである。